FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ArcheAgeゲーム・攻略ブログ・ランキング

詩蔀流!スクリーンショットの撮り方講座

お久しぶりです、詩蔀です。
今回はまともなブログを書きますよー。w
それも、実用的なものです!

PCスペックによっては思ったように撮れない場合があるかもしれませんが、日頃私が使っているスクリーンショットを上手に撮るための基本的なスキルを、伝授したいと思います。
応用スキルは様々ありますが、今回は割と誰でもそれっぽく撮れる方法を説明したいと思いますー。


20151223ヨ

今回撮るのはこのスクリーンショットです。興味のある方だけどうぞー。


【前準備】
今回は撮影モードのアウトフォーカス(DOF)を使用するため、環境設定の「HDRエフェクト」をONにしておく必要があります。
20151223.jpg


【構図(テーマ)をイメージする】
まずこれを一番最初にすることですが、一番大事な事だったりします。
とは言いましても、絵と違って情景まで浮かべなくていいです。活字で表せることのできる範囲でOKです。
例えば今回のテーマでいうなれば、「演奏者のリズムに合わせて踊る私が、演奏者と共に歓声を浴びている情景を撮りたい」となります。ざっくりでいいです。

これをイメージする事で、撮影に必要な条件は…

○演奏者が存在し、演奏している動きがある事
○自身が踊っている事
○見物人が存在し、且つ歓声を浴びせている動きがある事

となります。これをベースに撮影地を探します。

20151223イ
今回はこのような場所がタワーシティにありましたので、ここにしたいと思います。

ちなみに、この流れが逆でも大丈夫です。むしろ、逆の方が楽かもしれません。w

つまり、先に上のような場所を見つけてからイメージをするんですね。私はこの方が多いかもしれません。

こうしたスクリーンショットに適した場所を探すのに結構時間を使う事がありますが、思わぬところに面白い場所が見つかる事がたくさんありますので、そういう探検を日頃からする事は、撮影好きならオススメですね!


【立ち位置を決めて立つ】
とりあえず思うところに立ちます。

20151223ロ
試しにここへ立ってみました。
周りにいる見物人の事や、演奏者との距離感を考慮したら、ここがバランスの良い場所のように思いますが、私は少し微妙かな、と考えました。

その原因は、周りの見物人と同じく"見物中の市民"という名のついたこの方です。
20151223ハ
この方、別方向で見てみますと・・・

20151223ニ
実は隣にある壺の熱狂的なファンの方なんですよ。w
なので、立ち位置を変えずにこの方をカットした状態ですと・・・

20151223ホ
こうなってしまいます。これですと、見物人の視線は演奏者にのみとなってしまっているため、ここで踊っても私が寂しいだけなんですねー。

なので、無理やりでもここへ立ちます!これで寂しくないです!
20151223ヘ
今わりと寂しいか寂しくないかで決めてしまいましたが、立ち位置はそうした感情的な考え方でOKです。
要は、周りと同調できているか否かです。


【構図(テーマ)を忠実に再現できるカメラの位置を探る】

ここからやっと撮影モードへ入ります。今回のテーマの都合上私は踊っていなければいけませんので、先にスキル→通常タブ→通常スキルの「情熱のダンス」を右クリックして踊ります。撮影モードに入った後ですと踊る選択ができないので、入る前に踊ります。

踊り始めましたら、Ctrlキーを押しながらF12キーを押して、撮影モードへ移ります。
20151223ト
すると、このような説明書きが出てきますね。(BOKEH効果は今回使用しませんのでこの画像では省いています)
この画像では説明不足かつ不適切なので追加で説明書きしますと…

●ズームイン・・・W
●ズームアウト・・・S
●左を向く・・・A
●右を向く・・・D
より接写・・・マウスホイール上
●より広角・・・マウスホイール下
●カメラを垂直に上へ移動する・・・Space
●カメラを垂直に下へ移動する・・・X
●カメラを垂直に左へ移動する・・・マウスクリック(左右どちらでも可)しながらA
●カメラを垂直に右へ移動する・・・マウスクリック(左右どちらでも可)しながらD
●周りをきょろきょろする・・・マウスドラッグ

特に大事なものは、上の箇条書きで赤に示したもの。接写です。
今回、遠くにある物をぼかすためにアウトフォーカス(DOF)を使用しますが、これは広角状態ですと適用されませんので、必ずそのままの状態から接写寄りにしておかなくてはいけません。(ズームインと接写は別物です。)

20151223チ
とりあえずこんな感じのものを撮ってみました。
あらかじめ決めていた構図(テーマ)は達成していますが、抽象的な言い方をすれば面白くない、具体的な言い方をすれば、演奏者もダンサーも見物人も写っていますが、それぞれの顔が上手く見えないですとか、ダンスの動きが中途半端ですとか、いろいろと画として不足しているところがある、と思います。

なので、面白い画になるようなカメラの位置を探ってみます。
マウスホイールは広角になり過ぎないように、自由に使って探してみますと・・・

20151223リ
こんな感じのカメラ位置を見つけました。ここであれば私の顔も見えますし、演奏者の大きな鍔から見える顔もインテリチックですし、見物者の盛り上がりもより伝わりますね。


【アウトフォーカス(DOF)を使い、撮影準備をする】
ここまで来ましたら、お待ちかねのアウトフォーカス(DOF)を入れます!
すると・・・

20151223ヌ
ぼやけすぎて悪化しました!wですがこうなれば正解です。ここからアウトフォーカス(DOF)を操って、ピントを合わせていきます。

もう一度先ほどの撮影モードの説明書きを見ましょう。
20151223ト

このアウトフォーカス(DOF)説明欄は正しい説明ですので、順番にやっていきましょう。
まず、Ctrlキーを押しながらHOME、またはENDキーを押しますと焦点距離が増減すると書いてあると思います。
まず焦点距離の説明をしましょうか。と言いましても大変簡単です。
ずばり、ピントが合っていてぼけていないところが焦点距離です。

先ほどのぼけぼけの画像でピントが合っているところがわかりますか?天使の様な羽が生えた服や絨毯を巻いた物が壺の中に立てて置いてあるテントのあたりの事です。
つまり、先ほどの画像上での焦点距離は、その地点だと言えます。
なので、Ctrlキーを押しながらHOMEキーを押しますと・・・

20151223ル
先ほど焦点が合っていたところが奥へ移動し、階段にピントが合いましたね。
つまり、焦点距離の増加とは、ピントを奥にあるものへ合わせるという事です。
ではその逆である焦点距離の減少の場合だと・・・

20151223ヲ
天使の服や絨毯を立ててある壺よりも手前にある、私にピントが合いましたね。これで焦点距離の増減の仕組みを理解していただけたと思います。

と、ここで!この画像の地面を見て気付いた方がいらっしゃれば素晴らしいです。
地面をよく見ますと、ピントが合っている地面と合っていない地面がありますね。
そして、ピントが合っている地面の上に立っている私が、ピントが合っている状態・・・
つまり、あのピントの合っている範囲の上に立てば、めでたくピントが合うわけです!

このピントの合っている範囲を"焦点範囲"といいます。

しかし私だけピントが合っていたってダメですし、かといってあの狭い範囲に演奏者や見物人を寄せ集めてしまうと構図が崩れる上にそもそも不可能ですね。
というわけで、このピントが合っている範囲、つまりは焦点範囲を広げて、演奏者と見物人にもピントが合う作業をしましょう!

再び撮影モードの画像を引っ張り出してきます。
20151223ト
この画像の下の二つが焦点範囲を調節するものですね。焦点範囲は今の状態が最小ですので、基本的には上げる動作です。上げすぎたら下げるぐらいでしょうか。

画像に書いてある通り、Ctrlキーを押しながらPAGEUPキーを何回か押しますと・・・

20151223ワ
このような感じに広げる事が出来ました。遠くにある市場のあたりが上手にぼけた上に、手前にいる私たちはしっかりとピントが合っている状態になりましたね。これで撮影準備は万端です!

【連写撮影する】
いよいよ撮影です。長かったですが、ここからは肉体的に大変です。w
動いているものを撮影する上で必要な事。それは、決定的瞬間を逃さないために"連写する"事です。
いつ演奏者が良いポージングで演奏して、いつ私がかっこよくポージングして、いつ見物人が熱狂的な歓声を上げるかわかりません。
何しろ急にその時が訪れますので、その時が来たらパシャっと!・・・だなんて、絶対無理ですし目が痛くなりますし精神的にもきついですー。
ここはもういつ来ても良いように、とにかくひたすらスクリーンショットキーであるF9を連打してください!
とにかく連打です!ダンス2回分ぐらい山ほど連打してください!

20151223カ
・・・できましたでしょうかorz
私の記録は約300枚でしたが、皆さんはどうでしたか?

【よく撮れた写真を厳選し、他は消す】
そして数撮れたスクリーンショットを1枚1枚見て、だめなものはCtrlキーを押しながらDで削除に関する警告メッセージが恐らく出るかと思いますので、Enterキーを押して削除していきます。

すると、今回の記事の最初に載せました、良いカットが残るようになります。

20151223ヨ



詩蔀流のスクリーンショットの撮り方講座は以上です。いかがでしたでしょうか。
この記事を見て写真家がより増えてくれることを望みます!楽しみにしてますー!
スポンサーサイト

ArcheAgeゲーム・攻略ブログ・ランキング

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

詩蔀@G鯖東

Author:詩蔀@G鯖東
シシトミと読みます。ArcheAgeのGeneサーバ、東大陸で活動しています。
ソロ遠征隊「IVY(アイヴィー)」所属。
初心者の方のお手伝いと、作曲が好きです。

ArcheAge・攻略ブログ
ブログランキングに登録しています。
更新率は決して高くありませんが、応援よろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
フレンドリンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。